浮気の 証拠とは

素行調査/身辺調査:素行を調べる・身辺を調べる 単に証拠といっても、いろいろな証拠があります。
ここでは、今回、調査をかければどのようなものが手に入るのかを述べます。

本来、依頼人さまが自分で行い、調べるのですが、調査のプロが相手を尾行・撮影し、観察します。
得られた情報は写真入りで文書にまとめ、状況によりビデオ(有料)でも報告します。
出来るだけ依頼人さまに経費負担をかけさせたくないため、余計な付属品は、あえてつけないようにしています。

報告書の内容は、要所、を押さえ、判りやすく作成してあり、そのまま裁判資料に使用できるように作ってあります。
依頼人さまが、実際にその場で見ているように、臨場感があるように撮影し、報告書を作成しています。


証拠能力について

素行調査/身辺調査:素行を調べる・身辺を調べる 証拠には、低い証拠能力、高い証拠能力があります。

@例えば、対象者の方がデリバリーヘルスを利用したとしましょう。
その状況の報告書は証拠能力はあるでしょうか?

答えは、「ノー」です。

この仕事は、仕事として認められており、部屋の中では性的マッサージをしている事になっています。
ただ、これが継続的に続いていれば離婚の理由にはなると思われます。

A次に、対象者の方がビジネスホテル・自分の部屋、などを利用し連れ込んだと仮定しましょう。
その状況の報告書は証拠能力はあるでしょうか?

答えは、「微妙」です。
素行調査/身辺調査:素行を調べる・身辺を調べる それは、その場所で不貞行為があったのかどうかを立証することが難しいです。
二人の宿泊する部屋が別々の時、裁判では
『部屋は別々であり、そういう行為はない。』
と証言するでしょう。

そういう証言を覆す為に、宿泊する部屋は同じであるという証拠が必要になります。
仮に、部屋を2つ取っていたとしても、同じ部屋に入って出入りしているという状況の証拠が必要になります。

それでも決定的な証拠ではありません。
状況証拠です。
部屋の中は誰も見れないのですから・・。

ホテルの状況により部屋まで突き止められない場合もあります。
この場合、調査員もこのホテルに宿泊できなければ、部屋まで突き止めることは難しいでしょう。

Bラブホテルに入っていった場合
素行調査/身辺調査:素行を調べる・身辺を調べる この場合は、はっきり顔が写っている事が条件です。
このとき接触した人物の住所が特定できていればベストです。
調査の状況により、相手がマンションなどの場合、
マンションまでの特定で、部屋まで特定出来ていない場合がありますが
この場合、調査を続行すべきでしょう。
弁護士も、相手の住所、職業を特定してくださいと言います。

結論として

証拠はたくさんあったほうが良く。
弱い証拠でも集まれば強い証拠になります。

まずはご相談ください。